最新記事

カテゴリー

プロフィール

名前 : はっぴぃ♪
性別 : 女性
年齢 : 32歳
住所 : 神奈川県

こども大好きで、保育士の仕事を6年つとめました(*^o^*)vいまは素敵なパパさんと結婚して、5歳の息子と2歳の娘と4人で暮してます。保育士時代から集めた、わたしのとっておき絵本を紹介しちゃいます☆ミ

お得な情報



著者:グザヴィエ・ドゥヌ
出版社:小学館

白と黒を貴重としたシンプルな絵本なんですが さし色が入ったイラストがかわいく、リズミカルな言葉も楽しいです。

1ページごとに穴があいていて、穴から見える絵と手前の絵が合っていたりと 遊び心満載の一冊です。

他にもこんな本があります!

カッパの木
著者:黒瀬辰生
出版社:文芸社

カテゴリ:動物の絵本

著者:子森厚
出版者:福音館書店

動物のお母さんが、子どもをどんな風に運ぶのかとか、いろいろな動物の家族愛が 写実的に描かれています。

かなりリアルな絵なので、かわいい絵本ではないですが、リアルな絵でも 動物は可愛いみたいで夢中になって読んでたりします。

カテゴリ:動物の絵本

著者:薮内正幸
出版社:福音館書店

言葉がいっさいない、絵だけの絵本です。 表紙から中身まで全部動物の親子の絵のみですが

この動物はこういう鳴き声なんだよと、鳴き真似をしながら 一緒に見て楽しんだりしています。

他にもこんな本があります!

どうぶつのこどもたち
著者:小森厚
出版社:福音館書店

カテゴリ:動物の絵本

著者:あおいとしこ
出版社:文芸社

可愛い動物がいっぱい出てくる絵本です。 ユーモアたっぷりの心温まる絵本で、仲良くあそぶことの 大事さを教えてくれます。

みんなと遊ぶことが幸せに感じられる、すてきな絵本です。

他にもこんな本があります!

おとしもの
著者:三九里うみ
出版社:文芸社

カテゴリ:動物の絵本

著者:マグリット・ジョー
出版社:岩波書店

ユニコーンや人魚などの空想上の動物のお話をまとめた絵本です。 童話に近い形で、世界各国の民話をベースにしてるお話が10話ほどつまっています。

それぞれに読み応えがあり、ファンタジーの世界の話なので 息子が特に気に入っています。

カテゴリ:動物の絵本

著者:いけぐちななえ
出版社:文芸社

扉の向こうにいるのは誰かを当てていく、どちらかというと読み聞かせるのではなく 遊びながらページをめくる感じになっています。 扉の絵が書かれているところに、後ろにいる動物が少しはみだしてたりして ヒントになってたりします。

最後の大きな扉にも仕掛けがあって、楽しめる本です。

他にもこんな本があります!

とおいーーな
著者:さとうあきこ
出版社:文芸社

カテゴリ:動物の絵本

著者:はたこうしろう
出版社:ポプラ社

数の認識絵本らしいです。 動物を数えながら数字を覚えていく感じで日頃から読み聞かせていたら 簡単な数字はわかるようになってくれました。

ただ数えるのではなく、どうぶつたちが増えていったり 数字が大きく書かれているので見やすく楽しく覚えられます。

カテゴリ:動物の絵本

著者:フレンド 広子
出版社:文芸社

子どもたちに「死ぬってどういうこと?」とぶつけられても悩んでしまい、曖昧にしか答える事ができませんでした。 大人になったら自然とわかるものですが、口に出そうとすると難しくて…。 でもこの本だと「天国」についてわかりやすく描かれていて、「死」と「生」のことを考える事ができるようになっています。

元気でねという言葉で別れも乗り越えられると教えてもらいました。絵もかわいくて、とても心温まるいい本だと思います。

カテゴリ:動物の絵本

著者:神沢 利子
出版社:福音館書店

冬ごもりしている熊の親子の話です。春の訪れを待つ親子のもとに色んな音が響いてきて、熊の坊やがお母さんに「ほっほーほっほーってなんのおと?」というように質問していきます。そのうち、春の訪れを感じさせる音が聞こえてきます。

熊のお母さんと子どもの会話が優しく、春のように心が温まる作品です。

カテゴリ:動物の絵本

著者:いまい まさこ
出版社:文芸社

映画「子ぎつねヘレン」の絵本です。
原作は別の方が書いているのですが、これは映画の脚本の方が書いたそうです。

ヘレンと出会ったところからの回想から物語がはじまり、一つずつヘレンからの贈り物を見つけていきます。
読んでいて映画のシーンが何度もよみがえってきました。

辛い経験でもいい思い出や心の支えになるということを教えてくれる絵本です。

カテゴリ:動物の絵本