最新記事

カテゴリー

プロフィール

名前 : はっぴぃ♪
性別 : 女性
年齢 : 32歳
住所 : 神奈川県

こども大好きで、保育士の仕事を6年つとめました(*^o^*)vいまは素敵なパパさんと結婚して、5歳の息子と2歳の娘と4人で暮してます。保育士時代から集めた、わたしのとっておき絵本を紹介しちゃいます☆ミ

お得な情報



著者:編集部
出版社:エンターブレイン

子ども用にと絵本を買うとき、ついつい大人用の絵本も探してしまうんですが そんなとき、この本が一緒に置いてあったのでつい購入。

読んだことのある絵本も読んだことのない絵本も どれも魅力的に紹介されていて、どんどん絵本がほしくなっちゃいました。

どんな絵本を買えばいいか迷ってるときに重宝しています。

カテゴリ:大人も読める絵本

著者:柳田邦男
出版社:平凡社

柳田さんがおすすめする絵本を80冊網羅した本です。 この本に載っている絵本も魅力的なものです。 著者の柳田さんは「大人こそ絵本を」との思いで「絵本は人生に三度」と 呼びかけているそうです。 小さな子どものとき、子どもに読み聞かせるとき、人生の後半に自分のために読むとき。

まだ後半と呼ぶのには早いですが、子どもたちに読み聞かせている 絵本を一人で見るとまた違った印象を受けます。

改めて絵本の魅力に気付くきっかけになった本です。

他にもこんな本があります!

ペンブックス美しい絵本。
著者:ペン編集部
出版社:阪急コミュニケーションズ

カテゴリ:大人も読める絵本

著者:腹辺誠
出版社:文芸社

これは子どもには見せたくないなぁ、と思いました。 そういう意味でも大人向けの絵本です。

よく童話では悪いイメージ=オオカミになっていますが この絵本はオオカミから見た真実の話を書いたものです。

絵も魅力的だし、そういう解釈の仕方もあるんだと新鮮な気持ちな反面 童話はあれでちゃんとした物語になっていますし こんな風に新しい話の見方を説明してもこんがらがっちゃうと思うので。 大人になってから読んでほしいと思います。

カテゴリ:大人も読める絵本

著者:「いま、大人にすすめる絵本」プロジェクトチーム
出版社:メディアパル

これも絵本紹介の本です。 大人にすすめる絵本がいっぱい紹介されていて読み応えもありま。

他の絵本ガイドの本もそうなんですが、この本を読んでいると 絵本のいろいろな魅力に気付きます。 子どもたちにはこういう本を将来読んでほしいなぁと思いながら 次の絵本を選んだりしています。

他にもこんな本があります!

幸せの絵本
著者:金柿秀幸
出版社:ソフトバンククリエイティブ

カテゴリ:大人も読める絵本

著者:赤瀬川原平
出版社:毎日新聞社

お金に関する大人の絵本です。 お金を題材としてるのに絵本? と、最初は思ったんですが 著者の方が述べるお金の哲学についてユーモアなイラストとともに 語られていきます。

その哲学が正しいかはわかりませんが、お金に関することを 改めて考えることができたきっかけにもなりました。

カテゴリ:大人も読める絵本

著者:宗方美喜
出版社:文芸社

家族の愛がいっぱいつまった話です。 命の大切さ、生きること、死とは何かという 人生の意味やかけがえのないものを伝えられる本だと思います。

私も読んでいておもわず号泣してしまいました。 大変なときにこそ、そばにいる人のことを思いやれる人間になれたらいいなって そう思いました。

カテゴリ:大人も読める絵本

著者:宮沢賢治
出版社:金の星社

いもとようこさんの名作絵本シリーズです。 大人にも子どもにも楽しめる絵本で、子どもにも読み聞かせています。 物語は多分、本が好きな人なら一度は見たことあると思います。 宮沢賢治さんの童話の一つです。

それがいもとようこさんのやさしいタッチのイラストで描かれていて 美しい絵本になっています。

カテゴリ:大人も読める絵本

著者:雨詐欺
出版社:文芸社

表紙のキャラクターが気持ち悪いような、可愛いような… 娘はこれにおびえてます。

話もなんとも言えないようなシュールな感じになっていて 不気味な感じの絵本です。

自分も知らぬうちに「黒」になっているかもしれない……。
という帯のうたい文句が気になり読んだものです。

カテゴリ:大人も読める絵本

著者:パトリシア ポラッコ
出版社:岩崎書店

この本の作者であるパトリシア・ポラッコさんの自叙伝的な絵本です。

文字が読めない女の子のトリシャがフォルカー先生と出会い、一緒に文字を読めるよう努力していく話です。
障害を乗り越えようとするトリシャを見守るフォルカー先生の眼差しがすごく優しく感じられました。

先生との出会いは子どもにとって大きいものだと思います。
子どもたちにもフォルカー先生みたいに良い先生に出会ってほしいです。

カテゴリ:大人も読める絵本

著者:酒井 駒子
出版社:ブロンズ新社

酒井駒子さんの絵本です。
お話自体は有名な「ビロードうさぎ」というものです。子どもに愛されたことで、うさぎのぬいぐるみが本物のうさぎになります。

酒井駒子さんの優しいタッチで描かれたうさぎの絵が、このお話にマッチしてすごく感動的な絵本になっています。
大人でもじっくり読める絵本です。

カテゴリ:大人も読める絵本